音楽指導者 紹介

常任指揮者 木村 美音子 (Mineko Kimura)


kimura.png東京音楽大学ピアノ専攻卒業後公立学校の音楽専科教諭をしながら、ピアノリサイタルの開催や、フランスでの国際ピアノコンクールでファイナリストになる等積極的に演奏活動を行う。その後指揮者を目指し、洗足学園音楽大学付属指揮研究所に入所。マスタークラス研究生として同大学のオーケストラやオペラで研鑽を積む。指揮を秋山和慶氏に師事。2005年東京交響楽団を指揮してデビュー。2006年イタリアでの国際指揮アカデミーマスターコースにてディプロマ受賞。2012年にはニューヨークのカーネギーホールで東日本大震災支援チャリティーコンサートを日米合同で行い、モーツァルトの「レクイエム」を指揮した。2018年イタリアで日伊合同チャリティーコンサートを行い、カールジェンキンスの「平和のためのミサ」を指揮し好評を博した。オーケストラ以外にも東京アカデミー合唱団、新百合混声合唱団、台東区民合唱団等の合唱団やオペラの指揮者として国内外で幅広く活躍している。洗足学園音楽大学、玉川大学各講師。日本演奏連盟会員。

ピアニスト 大野 さなえ (Sanae Ohno)

ohno_N.png

4歳よりピアノを始める。桐朋学園付属「子供のための音楽教室」を経て、桐朋女子高等学校音楽科卒業、桐朋学園大学音楽学部演奏学科(ピアノ専攻)卒業。 1989年蓼科高原音楽祭にて音楽祭奨励賞受賞。ピアノを遠藤郁子、富本陶、園田泰子、山田富士子、チェンバロを有田千代子の各氏に師事。現在、台東区民合唱団、東京シテイフイルコーア等で伴奏ピアニストとして活動。

ピアニスト 山中 麻鈴 (Marin Yamanaka)

yamanaka_N.png

兵庫県神戸市出身。幼少の頃よりヤマハ音楽教室で学ぶ。2011年、自作曲を大友直人指揮、東京交響楽団と共演。これまでに作曲を長谷川京子、平井正志、神本真理、藤原嘉文、澤内崇、林達也の各氏に、ピアノを永島香、佐野まり子、伊藤わか奈の各氏に師事。兵庫県立西宮高校音楽科、東京藝術大学音楽学部作曲科を卒業。現在同大学大学院修士課程2年次に在籍、指揮科のティーチングアシスタントを務める。伴奏ピアニストだけでなくオペラや新曲初演にも携わっている。

ボイストレーナー 栗田 真帆 (Maho Kurita)

Kuita_n.jpg

東京藝術大学声楽科卒業。聖徳大学大学院音楽文化研究科博士前期課程修了。同大学院研究生修了。声楽を高橋大海・島崎智子・田口孝子・永井和子・外山浩爾の各氏に師事。これまでに『ヘンゼルとグレーテル』や『ラ・チェネレントラ(シンデレラ)』のタイトルロール(題名役)などでオペラに出演。またヘンデル『メサイア』やベートーベン『第九』などのソリストを務める。昨年、皇居内桃華楽堂でおこなわれた皇宮警察音楽隊創設60周年記念演奏会では、両陛下ならびに皇族方御臨席のもと歌唱を披露。第3回下町たいとう親善大使。聖徳大学音楽学部講師。葛飾区民合唱団、台東区民合唱団ボイストレーナー。
             また、台東区出身の氏は、台東区民合唱団のOGでもある。



第九合唱指揮者 酒井 敦 (Atsushi Sakai)

酒井敦2.jpg1961年埼玉県蕨市生まれ

指揮を遠藤雅古、小林研一郎、ピアノを三村則子、大木忠雄の各氏に師事。

これまで、プロ吹奏楽団であるTADウインドシンフォニー、東京またスタジ録音では、セガエンタープライズRPGソフト「エターナルアルカディア」フルオーケストラヴァージョンの指揮も担当した。

ユースシンフォニーオーケストラ等の副指揮者を皮切りに、SANAウインドシンフォニー、フィルハーモニアアカデミーオーケストラの音楽監督等を歴任し、現在は仙台フィルハーモニー管弦楽団、東京ニューシティ管弦楽団等の国内のプロオーストラを指揮している。

コンクール審査員としては「第1回声楽アンサンブルコンテスト全国大会」で招聘された他、部日本吹奏コンクール、全日本吹奏楽コンクール県大会及び地方大会、吹奏楽アンサンルコンテスト等で務める。 

現在、東京藝術大学音楽学部指揮科准教授。 東京藝術大学シンフォニーオーケストラアドミニストレーター。 

▲このページのトップに戻る