台東区民合唱団のあゆみ

私たちの団の歩みをご紹介しましょう。

昭和56年にスタートした「台東第九を歌う会」 これが私たちの前身です。

翌年指揮者に松浦ゆかり先生を迎え、団名を台東区民合唱団と改め今日に至っております。

年末恒例の「下町で第九」は今年で35回、「三越の第九」は31回の連続演奏となり、第九の市民演奏団体としては草分け的存在と謂われております。

 

その他、2度に及ぶ都民合唱コンクールでの優勝・・・ウイーン、福島、小牛田、富山への演奏旅行・・・サントリー大ホール・東京 文化会館大ホールでの数々のメモリアル演奏会、東京都や台東区の合唱祭への出場等ひたすら走り続けてまいりました。

 

また、昨年度からは、第九指導を酒井敦先生に、年間指導を中村隆太先生にお願いすることになり、これからもひたむきに学ぶ心を忘れずにさらに歩み続けるつもりです。

 

現在団員数約60余名の都内でも数少ない大型合唱団のひとつです。

▲このページのトップに戻る